光コラボ事業者おすすめランキング

トップページ >メリット・デメリット> 光コラボのメリット・デメリットは?

光コラボのメリット・デメリットは?

フレッツ光回線を利用している光コラボですが、フレッツ光と同じサービスではありません。

では、何が違うのか?

フレッツ光ではなく、光コラボを選択した時のメリット・デメリットを見ていきましょう。



メリット:フレッツ光より料金が安くなる


光コラボでは事業者が価格を設定できます。
この場合、回線管理費がかからない事もあり、ほとんどの事業者がフレッツ光より安く料金を設定しています。
中には、新規ユーザー獲得の為にかなり安く設定しているところも。

例えばOCNだと・・・

ファミリータイプ マンションタイプ
フレッツ光
6,100円
4,550円
光コラボ
5,100円
3,600円
※NTT東日本・マンションタイプはプラン1

このように比較してみても、光コラボの方が圧倒的に料金が安いことが分かります。

他にも、

事業者が独自のサービスを行う為、フレッツ時代にはなかった色々なサービスを選べる
請求窓口が1つとなり1本化され、料金体系が分かりやすい

などのメリットがあげられます。


デメリット:フレッツ光より速度が遅くなる


フレッツ光を経験しているユーザーの中には、「光コラボにして速度が遅くなった」というユーザーも。
必ずではありませんが、フレッツ光よりも速度が遅くなる場合があります。

これは光コラボは事業者によって速度に違いがあり、

「十分な回線容量を借りられていない」など、バックボーンが細い事業者は遅い傾向に。

ただ、地域差や自宅のネット環境によるところも多いので、一概に事業者だけが原因とも言い切れないところはあります。

他にも新規事業者の為、「加入してきたユーザーにまだ対応しきれていなくサポートが不十分だ」という声も。


こう見ると、経験と実績のある事業者選びが必要となるのが分かります。

やはり、失敗しないためには、フレッツ時代からのプロバイダではいなでしょうか。

>>光コラボ事業者おすすめランキング


Page Top ▲